記事一覧

WOTOFO RYUJIN Elder Dragon レビュー

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村ポチっとして頂けると励みになります!

Healthcabin様からの提供品です。 提供ありがとうございます。

特徴的なデザインのRDAです、なにやら日本の方とのコラボデザイン商品とのことですが、
申し訳ないことにその日本人のかたのことを知らないのでどういった経由でコラボになったのかわかりませんが、
前情報なしにフラットな目線でレビューしていきたいと思います。

そもそも名前がかっこいいですよね、龍神という名前が
マスプロ品ですが何やらハイエンドな匂いがしますが、細かくみていきたいと思います。

パッケージ


WOTOFOの商品はこの窓がありがたいですよね、通販で購入することが多いですが、実物を店頭で購入する方もいると思います。

実物がこの窓から見られるのでMODと質感を合わせたい、あるいは色味を合わせたい、でも実物が見られないと購入にふみきれないという時にはこの窓から商品がしっかり確認できるのは非常に好感が持てます。


パッケージ側面には内容物の表記があります。
アトマイザー本体
510ドリップチップアダプター
ユーザーマニュアル
予備のネジ
日本製コットン
予備のパッキン
ドリップチップ
クラプトンコイル
という内容です。

パッケージの他の側面には正規品であることを確認するスクラッチもあります。

内容物


内容物はこんな感じ、パッケージに書かれていたものは全部入っているのは当然なのですが、
書かれていないものもはいっていました。
それが画像中央にあるコイルレッグの長さを測る器具です。
器具というほどのすごいものではないのですが穴にコイルレッグを入れると適正な長さがわかるというもので、後述しますがこのアトマイザーはポストレスなのでこの器具が付いているのはかなりありがたいのです。

それと付属していたクラプトンコイルはN80の低抵抗で0.17Ω、かなり低いですね、私はこわいのでこの抵抗では運用しませんが、
メーカー推奨抵抗がこのぐらいということなのでしょうか、でも個人的には0.3以下は怖いので使いたくないです 。

同梱されていたマニュアルには日本語表記もありました、さすが日本人とのコラボもでるというところでしょうか、
まぁRDAなので複雑なことはないので簡単なマニュアルでしたが日本語を見かけるだけで少し安心感のようなものを感じます。

本体


本体は特徴的な局面を主とするでデザインですが、これは好みが分けれそうですね、
合わせるMODを選びそうですね。

エアフローは四箇所、本体が黒なので分かりにくいかなとこの画像では全閉にしてあります。
全開だとスカスカですが全閉だと吸えないほどの機密性ですが、フローを絞ってMTLには対応できないようで、基本的にはDL向けですね。

またデフォルトでBF対応のコンタクトピンが装着されています。

これはBFで使って欲しいというメーカーの意思表示でしょうか?


トップキャップのドリップチップは810がデフォです、キャップ内にパッキンが入っているタイプです。

見づらいですが、トップキャップ内部は緩くカーブしたドーム状になっています。

またデッキとの空回りを防ぐ突起もあります。

最近この構造が増えてきてくれて嬉しいですよね、
昔はトップキャップを回してもデッキが空回りして外しにくいというのが多かったですが、最近になってこの構造が見直され空回りが予防されるようになりましたので格段に使いやすくなりました。


デッキはこんな感じです、ポストレスで、コイルレッグを入れる部分は箇所ありますが、
これはデュアル想定ではなく、コイルを右巻きにしても左巻きにしても取り付けられるようにという配慮のようです。

なのでこのアトマイザーではシングル前提ということでシングルで組みましょう。

ちなみにこのデッキのエアフローなど含めてすごくカッコいいと思います。

機能的な利点を含みながらデザインもカッコいいというのはとても素晴らしいことだと思います。


デッキの組み付けネジはプラスとマイナスが対応しています。
なめやすい六角になっていないのも好感が持てます。


コンタクトピンはかなりでてますね、メカでの運用も可能です。


裏面はこんな感じです、本体が黒のお陰で刻印がかっこいいですが、マスプロ品らしくシリアルナンバーなどの表示はないです。
シリアルナンバーがあるかないかで多少商品への愛着が変わるのは私だけでしょうか。

まとめ

実際にビルドして吸ってみました。
同梱のコイルは低抵抗で怖かったので自分でビルドしましたが、かなり美味しいです。
BFで使ってじゃんじゃんリキッドが減ってしまうタイプのアトマイザーですね。

同梱のコイルレッグの長さを測れる器具のおかげでビルドは非常に楽でした。

機能面では非常に優秀で非の打ち所がないのではないでしょうか。

それ故に問題になるのはこのアトマイザーの外観です。

こせいてきなデザインは好みの分かれるところで、このデザイン故に購入に踏み切る人もいればその逆も存在するでしょう。

いいかたを変えれば、デザインに目を瞑ればかなり優秀なRDAだと言えます。




関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント