記事一覧

最近痛MODを作らないわけ

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村ポチっとして頂けると励みになります!

最近私の身に起きていることを少々記したいと思います。

このブログでもすでに痛MODのことは製作法などで紹介してきました。

痛MODは作ると愛着もわきますし、作っている工程もとてもワクワクして楽しいものでした。

しかし最近そんな痛MODの制作にも微妙な変化が起きています。

ツイッターなどで完成した痛MODの画像と共につぶやきを投稿してきましたが、それにまつわる諸々のいろんなことが起き始めたのです。

だいぶ前からなのですが痛MODの製作代行を行ってくれないかという依頼のDMなどがツイッターで届くようになりました。

もちろん痛MODの製作代行はもともとアニメやゲームの著作物を扱うものですから、
その譲渡や販売は著作権法、あるいは著作隣接権、著作人格権などの違反になりますのでその旨説明してお断りしていました。

もちろん丁重にお断りするとそれでご納得いただける方のほうが多いのですが中にはそうではない方も多くいらっしゃりまして、


・お金は払うと言っているのになぜ作ってくれないのか?

・紙を貼り付けるだけの簡単な作業なのになぜやってくれないのか。

・作ってくれないのならあなたの持っている痛MODをよこしなさい。

・ケチケチしやがって。

・値段を釣り上げる気か、結局いくら欲しいんだ?


と言った返答が返ってきました。
非常に残念ながら全てのVAPERが善良ではなかったのです。

こう言った方々を吊るし上げたい訳ではないので特定の誰かというのは伏せますが、非常に残念なことですし、私としても趣味の範疇でやっていることなので、誰かと争ったり罵倒されることは本意ではありません。

もしかしたら私のツイッターのプロフィールに大仕事募集の文字があったので勘違いされて痛MODの製作を依頼してくださったのかもしれません。

いまはお仕事募集の文字は一時的に消してあります。

この記事を読んでくださったなら著作権法に抵触するものは譲渡販売はできないとご理解いただけるでしょう。

と、ここまでのことでだいたいわかったと思いますが、痛MODを作るというのは私にとって楽しい趣味だったのですしかし争いの種になるのなら痛MODを作るのをしばらくやめようと思うようになりました。

これが最近私が痛MODを作らない訳です。

また気持ちが痛MODを作りたいと思えるようになったら復帰したいと思います。

当サイトで痛MODの作り方の解説をしていますので、是非みなさんそれを読んで自作してみてください。

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント